人工透析を受けるなら通いやすいクリニックを見つけよう

生存率は高い

手

脳に腫瘍ができる病気の脳腫瘍は生存率は高く、重症化しないために早期発見が大事です。脳腫瘍には良性のものと悪性のものがあり、良性は進行も遅く摘出可能です。悪性は摘出が困難なので放射線療法などで対処します。脳腫瘍の初期症状は慢性の頭痛や吐き気が起こり早く病院で診察を受けることです。

More Detail

脳外科治療

聴診器

治療が難しい傾向がある脳動静脈奇形は、専門医の元で治療を受けることが重要です。医療相談などを利用することで、専門的治療が叶う医療機関の情報が得られます。先天性の異常である脳動静脈奇形の場合、早期発見が難しく、脳ドッグなどを受けることが一つの対策法です。

More Detail

検査と主な病気

聴診器

検査

腎臓病の初期は体調の変化が少なく病気の発見が難しくなっています。そのため定期的に検査を受ける必要があります。腎臓病が気になった場合はまず尿検査を受けると良いです。尿検査では腎臓病の症状のたんぱく尿や血尿といったことがわかります。また様々な項目があり、腎臓の働いきを知ることができます。尿検査の次は血液検査です。これでは腎臓の機能が正常に働いているかや、血液中に余分な成分が含まれてないかなどがわかります。さらに、追加で腎機能検査も有効です。これは血液中に残る老廃物の量で、腎機能を調べます。他には、超音波などを用いた画像診断や腎臓の組織を採取して調べる腎生検などがあります。

主な種類

腎臓病と一言でくくっても、その症状には様々な種類があります。まずは糖尿病性腎不全です。これは人口透析療法などに至る原因の第1位となっています。この病気が進行すると、やがては腎不全に至り、生活の質の低下につながります。早期は無症状で、気づきにくくなっています。症状としては高血圧や倦怠感などとなっています。次は慢性腎不全です。これは腎機能が低くなった状態で、慢性と急性があります。急性のものは急激に発症するもので、脱水や尿管の完全や閉塞などによって起こるものです。症状としては、体内の水分貯留や食欲不振などの消化器症状、頭痛や不眠などの神経障害などです。原因は腎疾患の放置や食事制限の失敗などです。治療方法は薬物療法や人工透析療法などがあります。また、人工透析を行なってくれるクリニックはたくさんあるので適しているところに依頼するといいでしょう。

がんの新たな治療法

病院内

がんの新しい治療法である免疫療法は、受けられる医療機関が限られており、費用がかかるために医師が勧めないことがあります。まずは主治医に免疫療法が受けられないか積極的に相談することが大切です。免疫療法は副作用が少なく、心身ともに調子が改善されることから人気です。

More Detail

Copyright © 2016 人工透析を受けるなら通いやすいクリニックを見つけよう All Rights Reserved.