薬物療法や人工透析を受けるなら通いやすいクリニックを見つけよう

生存率は高い

手

種類と原因とは

脳腫瘍とは主に脳にできる腫瘍のことですが、生存率はがんの中でも高く5年生存率は概ね75パーセントとなっています。脳腫瘍は大きく分類して、良性のものと悪性のものとに分かれています。良性の腫瘍は進行速度も遅く摘出も可能ですが、悪性の腫瘍は進行速度が速く摘出も難しいので放射線治療や抗がん剤で治療していきます。そして脳ではないところで発生した腫瘍が転移した転移性脳腫瘍と脳細胞が腫瘍となった原発性脳腫瘍があります。脳腫瘍の原因ははっきりとは解明されていないのですが、遺伝子が関係していると言われています。また脳腫瘍を進行させる原因として、脂肪やタンパク質の摂りすぎや喫煙の習慣や強いストレスや放射線などがあると言われています。

初期の症状

脳腫瘍の初期症状でよくあるのが頭痛が慢性的に続いたり、吐き気を催したり視力が悪化したりすることです。次に手足のしびれや動作が緩慢になったり、言葉が出にくいなどの症状が起きることがあります。又耳が聞こえにくい、耳鳴りがするなどの症状が起きることもあります。脳腫瘍の原因ははっきりしていませんが、食生活を改善したりストレスを溜めない、放射線を浴びない、喫煙を止めるなどで一定の予防はできます。脳腫瘍の患者は成人と年配の人がほとんどですが、他の年代でも発生します。重症にならないためには、他のがんと同様早期発見がカギになってきます。頭痛や吐き気などの初期症状が起きたら、できる限り早く病院で診察を受けるのがベストな対応です。

Copyright © 2016 薬物療法や人工透析を受けるなら通いやすいクリニックを見つけよう All Rights Reserved.